借地権とは?

借地権というのは土地を借りて、そこに自分の家を建てる権利の事です。一般的には、土地を購入しそこに家を建てるという事を考えますが、土地代と家を建てる費用を合計するとかなりの金額となってしまいます。これが無理な場合に土地を借り、そこに自分の家を建てる借地権が活用できるのです。

土地を借りる場合は毎月地主に「地代」を支払います。こうする事で土地を購入しなくても、家を建てる事ができます。しかしあくまでも借地ですから、家は自分の所有物でも土地は、地主の所有物です。契約をする場合は、借りた土地に建物を建てる事を前提としているので、借りた土地を更地のままにしておく事は出来ません。

借地権は相続する事ができます。地主の土地ですが一般の不動産と同じ扱いになるため、相続する場合は、相続税がかかります。例えば親が借地に家を建てておりそれを子供が相続するという場合は、借地権も相続するため相続税が高くなる傾向があります。借地権は権利として所有できるので、売却する事もできます。

地主によっては、相続した場合に名義変更や更新料を要求してくるケースがあります。ただし借地権は譲渡ではなく相続となるため、本来なら地主への承諾料や更新料の支払い義務はありません。ただし地代はその土地を借り続ける限り、今まで通り払い続けないといけません。

借地権ではトラブル等も多く起きているため、現在は法律が変わっていて、新旧が入り混じっている状態です。